【ファッション業界】でどんな仕事がしたいか?

ファッション業界での就職を目指す高校生へ・・・・・・・・


まず、ファッション業界でどんな仕事がしたいのか?をまとめてみましょう。

大きく3つに分類することができます。


■「モノを生みだす」仕事

【ファッションデザイナー】
ブランドの方針にそって、素材や色の選択、デザイン出し、付属品の選定をします。

【テキスタイルデザイナー】
布地の織り柄、編地、プリント柄などのデザイナー。

【パタンナー】
デザイン画に基づいて、製品化のためにパターン(型紙)を作る仕事。

【CADオペレーター】
コンピューターのアパレルCADシステムを操作して、パターン(型紙)を作る仕事。

【ソーイングスタッフ】
サンプルメーカーとして商品企画段階の見本着を縫製したり、オーダーメイド店で注文服を縫製したりする仕事。

【プロダクト・コントローラー】
製品をタイムリーに生産するために、縫製工場の手配や工程管理を行うスペシャリスト。



■「戦略を立てる」仕事

【マーチャンダイザー】
商品の企画から販売までをマネジメントしていくブランドのビジネスリーダー

【バイヤー】
百貨店、専門店、量販店などの仕入れを担当する責任者。

【スーパーバイザー】
百貨店、専門店、量販店などの店舗を管理するマネジメント職。

【ショップディレクター】
セレクトショップや専門店の運営責任者。

【営業】
市場を開拓し、製品をショップへ提供する仕事。

【ファッションアドバイザー】
商品の特徴を理解し、消費者であるお客様へ的確なアドバイスを行う仕事。



■「シーンを演出する」仕事

【スタイリスト】
テーマに合わせて表現する、演出のスペシャリスト。

【ファッションコーディネーター】
情報収集や分析をして企画・生産・販売を調整し、会社の方向性を決めていく仕事。

【ディスプレイコーディネーター】
ショップでの効果的なディスプレイを行うために、グッズ等をコーディネートする仕事。

【プレス】
アパレルメーカーなどの広報窓口。

【ファッションエディター・ライター】
ファッション雑誌や専門誌の編集者・記者。

【ファッションアドバイザー】
ショップでの接客・販売にあたる仕事。
ファッション業界のどの分野で活躍したいのか?によって進路が若干変わってきます。

・つくり手になりたいのか?
・ファッションを売り出す仕事に携わりたいのか?
・ファッション情報を発信していく仕事に携わりたいのか?

少なくとも、これぐらいは決めておかなければなりません。

千葉で下肢静脈瘤を治すなら当病院をご利用ください

着物買取福ちゃん

ビルの清掃などの依頼は、東京で安心・丁寧なビルメンテナンス業者にお任せを!

シマックス イベント

板橋区にある和気医院というところで治療を受けています。